• M

オリジナルカラーサンプル


何かデザインを考えたい…けど

何だか思いつかない


企画の方向性は決まってるんだけど…何だかデザインがしっくりこない…


どんなものをお客さんに提案しようか困らない人もいるけど、困る人も当然います。


ヒントとなるデザインや素材を時間の許す限り探しますが、どうしても何かかあってない。デザインはそこまで悪くないのにと思ってたとき、配色の本が目にとまりました。


そして、パラパラとページを進めていくうちに『色がよくない』ということに気づきます。


思い切って配色を変更してみると、同じロゴやイラストでもイメージががらりと変わります。


当然、お客さんがOKを出さないとダメなのですが、作る側がまず納得できないものを提供するわけにはいきません。


迫る提出期限、こなさなければならないノルマなど制作する人たちの状況は様々ですが、焦っている時ほど、頭の熱を下げるためにデザイン資料や素材の検索ではなく、デザインそのものはあえて避け、色を見るようにします。


何故か

よくあることで、そこまで難しく考えなくてよかったということが多かったからでした。


普段の生活でも、家具の位置を変えたり、いつも使っているものの使用するタイミングを変えてみたり、調味料の分量を変えてみたり、ちょっとした工夫や見る角度を変えてみると思わぬ発見があったりします。


筆者は、正直なところ焦る人間です。いくら時間があっても焦ります。相当な準備をしていても失敗しますし、呼吸するように焦ります。

でもいつも焦っていると、いずれ重大なミスに繋がります。だから、冷静になるため作業の中心の中心からちょっとそれて配色の本を見るようになりました。


見ていると、ワクワクしている反面、先程のイライラは何だったんだろう?と落ち着きを取り戻します。デザインを変更する前に、色を変えてみよう!となり

再び作業へ戻ることができます。


最終的には、諸々の都合で当初の予定とは違うデザインのもので無事ひとつの案件が終わることになるのですが、ふと、配色の本ってちょっと分厚くない?と思うのです。


そこで、本日の本題のオリジナルのカラーサンプルの作成に至ります。

ここまでが少々長かったですね。失礼しました。


印刷会社ならカラーサンプル買えばいいでしょ?と思われるかもしれませんが、既にあるのと、最新のものを買うとしてもなかなかの値段です。いざとなれば、ネットで調べて、必要な色をピックアップしてプリントして色を見ての作業となります。他社は存じませんが、弊社はそんなかんじです。

案件を受け持った者が責任をもって調べて、作って、校正、校正、さらに校正(案件によってはもっとある)で、ようやく校了、刷り、納品といった流れでひとつの案件を終えます。


なので、もっと配色を調べやすいようにしようと、よく見る配色の本などの色を参考にし、また、よく使う色、使ってみたい色、映えそうな色を組み合わせて、いつでも見れるオリジナルのカラーサンプルを作りました。

全色網羅するには買った方がやはりいいとは思うのですが、欲しいサンプルはなかなかのお値段というのもありますし、何より作ってみたかったというのが一番の理由で制作に至りました。


※会社概要のページでも上記の画像を使用しています。


いつも見ている色でもカラーサンプルのような配色を作ってみると、CMYKのそれぞれ数%の違いで、黄色でも青っぽく見えたり、始まりが青だったの物が紫寄りの色になっていたりと改めて、色というものの面白さに気づかされます。


作業中は使用している色の成り立ち、時代背景など、色ひとつひとつに歴史があって、それにかかわった人々がいて、自然が存在していて、着飾ったり、位を示したり、何かの定番色になっていったり、といったように色とじっくり向き合うことはあまりないです。仕事上色とは向き合わなければならないため、簡易的なものでもあると何かの着想に役立てばと思っています。今度はもっとカラーサンプルにしては面白いデザインだなと思えるようなものでも作ろうかなと考え中です。


オリジナルカラーサンプル

〒682-0721 鳥取県東伯郡湯梨浜町田後69-6(日本)

TEL  0858-35-4391 |  FAX  0858-35-4393

© 有限会社マルカゲ印刷

  • Grey Facebook Icon